6回目の筋トレ(自宅トレ)今日で筋トレ開始1ヶ月経過

今日はトレーニングを開始してちょうど1ヶ月が経ちました。

週に1~2回程度の頻度で筋トレをおこなっていることになりますね。

前回同様自宅でのトレーニングを行いました。

ジムじゃなく自宅で申し訳ない・・・

実際ジムでのトレーニングの方が負荷もかけられるし、おこなえるトレーニングや種類数も多いので

絶対ジムでのウエイトトレーニングの方がいいんですけど、サラリーマンだとなかなか時間の都合がつかなかったり、難しんですよね…

でもま〜自宅でも一応トレーニングできているので良しとしましょう!ウンウン笑

それでは6回目の筋トレメニューをご紹介します。

自宅筋トレメニュー一覧

ダンベルを使っての自宅筋トレメニューをご紹介します。

自宅では基本的に上半身の強化を目的に行っているので、下半身のトレーニングは一切行っていません。

それでは以下でダンベルでの筋トレメニューをご紹介していきます。

ダンベルベンチプレス

自宅で行なうトレーニングのルーティーン的な位置づけにあるダンベルベンチプレス。

5キロプレートと2.5キロプレートとシャフトが2キロなのでダンベル1つで17キロを使ってダンベルベンチプレスを行ないました。

10×3セットを行ない、最後のセットは8回でドロンしました笑

また自宅での筋トレを行なうときにはリベンジとして17キロで10キロ3セット行いたいと思います。

17キロ×2なので34キロってことになりますがバーベルベンチプレスの34キロとは全然違うんですよね。

バーベルベンチプレスでは左右が連動して動きますが、ダンベルベンチプレスでは左右が個別に動くのでバランスをとるのが難しいんですよね。

だから重い重量ではフォームが乱れて、効率の悪いトレーニングになってしまいますのでご注意ください。

インクラインダンベルプレス

インクラインダンベルプレスは大胸筋の上部を効率的に鍛えることができるダンベルトレーニングの1つになります。

重さはダンベル1つ14.5キロで10×3セットやりました。

ベンチがないのでソファーをつかって私はやっています。

ダンベルベンチプレスでは大胸筋全般を鍛えることができます。

インクラインダンベルプレスでは大胸筋の上部を集中的に鍛えることができますので、綺麗な大胸筋にすることができます。

なので自宅で筋トレしているトレーニーはダンベルベンチプレスとインクラインベンチプレスを合わせて行なうことで集中的に大胸筋を鍛えられます。

ダンベルフライ

ダンベルフライは大胸筋の外側を集中的に鍛えることができる種目になります。

1つ9.5キロのダンベルで10×3セット行いました。

でも10回3セット出来ませんでした…

1回目8回、2回目7回、3回目6回ってことで次からちょっと重量下げてやります。

ダンベルの重量変えるのめんどくさくてそのままやっちゃいました。笑

ケガの危険性があるのでご注意ください。

ダンベルカール

これは9.5キロで10回3セット。

あとは腹筋を10回3セット行った。

腹筋に関しては、ダンベルを腹筋ローラーの代わりに使う方法で行いました。

これが結構きついのでみなさんもやってみてください。

まとめ

今回も前回同様自宅でのトレーニングになりました。

正直仕事をしながら筋トレを行なうのって口で言うのは簡単ですが、実践するのは本当に大変なことだと思います。

私もトレーニングを始めて今日で丁度1ヶ月ですが合計6回しか筋トレできていないのが現状です。

自ら継続する難しさを今さら実感しています。

今のところはちゃんと継続できていますが、さらに継続するための何かが必要だと思いっています。

自分のモチベーションを上げるものや上げる考え方など。

これからも自分で時間を作り継続させて細マッチョになれえるよう頑張りたいと思います♪

応援宜しくお願い致します。

あ・・・

今回体重計に乗るのを忘れてしまったので体重や体脂肪etcの情報がありません。

写真だけは撮ったので今のマッスルピットをご覧ください。

前回同様あまり変化がないと思いますがしっかり継続していきたいです。

欲を言えば週2の筋トレを行いたいですが、時間との兼ね合いもあるので極力週2で筋トレできるよう頑張ります。

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*