9回目の筋トレ!今日はダメだった…

細マッチョに向け9回目の筋トレをおこないました。

それではいつも通り筋トレメニューをご紹介していきますね。

前回の筋トレからちょうど1週間があいてしまいました。

週2の筋トレを目標にしていたのに・・・

筋トレできなかったのはすべて自分のせい。仕事が…、時間が…とか全て言い訳に過ぎない。

なのでしっかり時間を自分で確保して筋トレするしかない。そう思った今日この頃。

それはさておき今回行なった筋トレメニューをご紹介します。

ベンチプレス

最近定番のベンチプレス。

前回42.5kgで10回3セット成功していので今回は45kgで挑戦。

きつかったですが全てのセットクリアしました。

でも最後の3セット目はかなりギリギリ10回できた感じでしたね。。。

次のベンチは47.5kgですがたぶんできないと思います笑

でもしっかり追い込めるよう頑張っていきます。

チェストプレス

前回同様30kgで10回3セット行いました。

これもなんなくクリアできました。

でも最近肩が上がってしまう癖みたいなのがあるので肩が上がらない次回の筋トレでは意識していきたいと思いました。

肩が上がってしまうとどうしても胸ではなく肩の筋肉を使ってしまうので胸への負荷が減ってしまい胸に効かせることができなくなります。

ですので肩が上がらないようにしっかりマットに肩を付けて動作したいと思います。

スーパーセット(上腕二頭筋と上腕三頭筋)

前回初めてスーパーセット法を取り入れてスゴイ効果を実感したので今回もスーパーセットを行いました。

前回同様上腕二頭筋と上腕三頭筋のスーパーセットを行いました。

上腕二頭筋:コンセントレーションカール(9kgのダンベル使用)

上腕三頭筋:トライセップスプレスダウン(30kg)(前回は25kgでした)

3セットやり終えるとやっぱり自分の腕じゃないぐらいパンプします。

かなり時短できますし、効果も実感できるので是非一度チャレンジしてみてください!

サイドベント

サイドベントは腹斜筋を鍛えるトレーニングになります。

腹直筋=前の腹筋

腹斜筋=横側の腹筋

横の脂肪が気になったのでサイドベントをおこなってみました。

20kgのプレートでサイドベントをおこないました。

私の行ってる市営のジムではプレートに持ち手の付いているものがあるのでそれを使用しました。

基本はダンベルで行なうものですが、私はプレートで行なっています。

20キロで左右10回ずつを連続で3セットおこないました。

これが結構キツイんですよね。

ポイントとしては体を前や後ろに傾かないようにすることです。

ラットプルダウン

体に新しい刺激を!ということで背中の筋肉を鍛えることができるラットプルダウンをおこないました。

40kgで10回3セットやりました。

久々の背筋の筋トレだったので結構きつかったのですがいい刺激になったので良し!

マッスルピットの現状

いつも通りです。今回の筋トレは種目が少なく不完全燃焼な感じでした。

祝日でたぶん人が多いだろうな…って思っていたら案の定結構人がいて思うようにトレーニングできませんでした。

そのため今回はこのような少ない種目になってしまいました。

時間をかければみっちりできたんですけど、1時間って決めてトレーニングしているので仕方のないこと。

長い時間やればいいだけなんですが、集中力も切れますし。1時間って決めていますからね…

でも筋トレできただけOKだと思ってどんどん筋トレ続けていきたいと思います。

ま~習慣になっていますし、何より今では筋トレがただただ楽しいです!!!

それでは今日の体重や体脂肪率などを紹介していきますね。

体重

BMI

基礎代謝

体年齢

骨格筋率

内脂肪レベル

体脂肪率

ちょっと前回に比べて体重が増えてる!!ま~何とかなるさ~

今日の筋トレの反省と学び

今日の筋トレでの反省は先ほどの紹介した、種目が少ないこととセット数やレップ数が全体的に少ないことですね。

ラットプルダウンやサイドベントでそこそこ回数は稼げたのでOKにしておきますが。。。

インクラインベンチプレスを正直やりたかったのですが、なかなか空かなかったのでしょうがないんですけどね。

 

学びに関してはここまで習慣化できると筋トレ楽しいってことですね♪

結果がでるまで時間はかかりますが、結果が出てくるとどんどん楽しくなってきます。

結果が出ると言っても筋トレしている目的にもよりますが、『ベンチで100kgあげる』『かっこいい体になる』など

ベンチで100kgあげるという目標なら鍛えていけばどんどんベンチのMAXが上がっていきモチベーションがアップすると思います。

かっこいい体なら自分の目で見て結果がわかると思います。(最初のころは全然変化がないですが一ヶ月ぐらいすると目に見える変化が出てきます。)

このように結果が出れば筋トレは楽しいものだと思います。

なんでそんなムキムキ目指しているの?とか言ってくる人もいると思います。

でもアメリカでは筋トレやフィットネスをするのが当たり前で、生活の一部なんですよね。

だからわざわざ友達とかに昨日筋トレしたから体痛いんだよね。なんて自慢みたいな話はしないんですよ。

それだけアメリカでは当たり前のようにウエイトトレーニングしているんですよね。

日本人の男性諸君も見習って欲しいと思います!

何が筋トレだ!何が筋肉だ!っていう人も絶対いますが

やったらわかります。男なら筋トレしろって思います。ほんとに

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*