8回目の筋トレ!初のスーパーセット法を実践

8回目の筋トレを行いましたので筋トレメニューと今の現状をお知らせしたいと思います。

初めてスーパーセットを取り入れた感想などもご紹介します。

それでは以下で本日行なった筋トレメニューをご紹介します。

本日も主に上半身を集中的に鍛えるためのプログラムになります。

ベンチプレス10×3セット法

前回も10×3セット法で40キロを成功させていたので今回は42.5kgでベンチプレスを行いました。

結果的には42.5kgで10回3セット成功しました。

次は45kgで挑戦したいと思います。

確実に重量がアップしていますし、大胸筋の筋肉も大きくなっていると実感しています。

今後の細マッチョになれるよう努力あるのみです。

まだまだ100kg上げている人からするとしょぼいですが自分との戦いなのでそこ忘れずに!

インクラインベンチプレス10×3セット法

次に行なったのがインクラインベンチプレスです。

スミスマシンでインクラインベンチプレスはいつものように行いました。

前回も45kgでおこなっていましたが、今回も45kgでチャレンジしました。

1セット目:クリア

2セット目;6回でダメ!

※インターバルが短かったのが原因だと思います。

3セット目;インターバルを長めにとり10回クリアしました。

そこまで意識してインターバルをとっているわけではないのでどのぐらいの分数休憩しているかわかりません。

でも説明するのが難しいのですが、筋肉が休まった感覚があります。

人それぞれ違うと思いますのであなたにあったインターバルの時間を把握しておきましょうね!

チェストプレスマシン

前回は30kg10回3セット行なうことができなかったので今回も30kgに設定してバタフライマシンをおこないました。

結果的には10回3セット成功しました。

ここまでは前回と同じトレーニングをおこなっています。

スクワット

最近は弱点である上半身ばかり筋トレしていましたので下半身の王道トレーニングであるスクワットを今日はおこないました。

60kgで10回3セットおこなって無事にクリアできました。

でもやっぱりスクワットは下半身にきますね。。。

これで基礎代謝が上がり、体重と体脂肪が下がれば嬉しいな。

ついで腹筋も鍛えられるのでメリットだらけだからね!

腕のスーパーセット

初めてスーパーセットを取り入れてみた今日このごろ。

上腕二頭筋と上腕三頭筋のスーパーセットを行いました。

スーパーセットとは?

簡単にまとめる筋肉の裏表を鍛えることです。

大胸筋:広背筋

上腕二頭筋;上腕三頭筋

このように前と後ろ。裏と表の筋肉を鍛える方法がスーパーセット法になります。

2つの種目を終えて1セットとカウントします。

私が実際に行なった腕のスーパーセット法のメニューがコチラになります。

上腕二頭筋:コンセントレーションカール(9kgのダンベル使用)

上腕三頭筋:トライセップスプレスダウン(25kg)

コンセントレーションカールを10回やりインターバルなしで続けざまにトライセップスプレスダウンを10回。これで1セット。

これを3セットやるのがスーパーセット法になります。

初めてスーパーセット法をやった感想は…

『パンプ感がハンパない!!!!』

『こんな太い腕初めて!!』

触った感じ『これほんとに自分の腕!?』ってぐらいのパンプ感でした。

やったらわかる。腕の力が弱い人にはかなり効果的だと思います。

さらに時短にもなるのであまり筋トレ時間の取れないサラリーマンにはおすすめです!

マッスルピットの現状

そんなスグ変わるものじゃないのであまり変化はありません。

体重

BMI

基礎代謝

体年齢

骨格筋率

内脂肪レベル

体脂肪率

初の体年齢28才になりました。実年齢26才なのであと2才!体重計は目安にしかなりませんがちょっとうれしい結果になりました。

今日の筋トレの学び!

スーパーセット法のすごさを体感できた。

今後スーパーセット法は取り入れていきたいと思ったし、時短にもなるのでおすすめ!

基本私は1時間と決めてトレーニングしているので効率化が求められる。

そもそもサラリーマンだとなかなか筋トレに費やす時間が確保できない…

家族がいる男性ならなおさらだと思います。

出来る人は2時間でも3時間でもやっていいと思いますが、時間がないサラリーマンの方は私のサイトを参考に効率的な筋トレを今後もご紹介していきたいと思います。

スーパーセット法マジでおすすめ。

詳しいスーパーセット法の記事も執筆していくので楽しみに待っててください。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*